サイクリングレポート
           hitokoto        

みんなのサイクリング
レポート

<プラハ近郊 サイクリング>



<プラハ~ウィーン サイクリング>

小宮山さん、9/5-20間のプラハ〜ウィーン サイクリングについてご参考までにご紹介します。
メンバーはオーストラリア人(シドニー在住)4名、日本人3名の合同サイクリングでした。これを企画している会社の案内は下記HPをご覧ください。ホテル案内からルート、レンタル自転車まで
総合的に検討されています。http://www.europe-bike-tours.eu/bikes プラハの出発点のホテルに自転車が届けられ、それぞれの人に合った調整をしてくれます。同時に下記の
ようなルートや宿泊の詳細が渡されます。手始めにプラハ市内の名所の案内を先導してやってくれます。
翌日はプラハ郊外へのサイクリングや音楽会があり、本場のオーケストラを鑑賞します。
渡された資料はプラハからウィーンまでのホテル案内、全ルートマップ、ルートのアップダウンデータや各地点の特徴
見どころなどをを書いた案内、などをプリントアウト資料として受け取ります。これらは容量が大きく、一度に送れませんので
何回かに分けて送付します。
この資料を見ながらIphoneのGPS機能と照合しながらサイクリングをします。一部、車道を通りますが、
大部分は幅の狭い舗装されたサイクリング道路が丘陵地帯に延々と続いています。北海道の富良野の地形に似ています。
プラハとウィーンでは同じホテルに2,3泊しましたが、あとは一泊だけ、相部屋です。
2週間でホテル代、レンタル自転車費用全部で日本円で一人8万円弱でした。ホテルでの朝食を含んでいます。
昼食はビールで盛り上がり、夕食はワインで盛り上がりました。チェコ内はアップダウンの連続、オーストリア国境に
たどり着いた時はホッとしました。荷台の荷物が重かったせいか、停止時にバランスを崩して何度も転倒しましたが
幸いカスリキヅ程度で済みました。反省点は携帯荷物をいかに軽くするかです。日本でもサイクリング専用道路があちこちに出来ているのでそれらを結び付けたサイクリング企画が出来ると
思います。感心したのはこの会社のシステムがしっかり出来ていることでした。日本でのサイクリング専用道は
未だ短距離しかないので大陸のような長距離は無理でしょう。しかし、局所的なサイクリング旅行なら可能でしょう。
小宮山さんのアイデアでどんな企画が可能なのかご検討頂ければ幸いです。***************************************
川嶋 敏彦

<>


<>

画像

pagetop
© Copyright サイクルショップKOMIYAMA all right reserved. 再作会社